前立腺がんの基礎知識

化学療法について

化学療法とは

内分泌療法が効きにくくなった去勢抵抗性前立腺がんは、タキサン系抗がん剤の投与で生存期間の延長が期待できます。米国などでは標準治療として広く認められており、日本でも2008年に保険適用になりました。今では、タキサン系抗がん剤は内分泌療法が効かなくなった場合の第1選択薬とされています。

化学療法は副作用対策が重要

タキサン系抗がん剤には、骨髄抑制のほか、むくみ、吐き気・嘔吐、倦怠感、手足のしびれなど、さまざまな副作用があります。できる限り長く治療を続けるためには、副作用対策が重要であり、さまざまな方法が開発されています。心身の苦痛は我慢せず、担当医や腫瘍内科医などと率直に話し合いながら、生活の質(QOL)を良好に保つようにしましょう。

最終更新日:2015年10月23日